ねぇ、Google

Google Home miniを入手しました。Amazon Echo Dotと入れ替える形で設置しました。au回線をずっと契約して行くと最近au wallet ポイントが勝手に溜まるのですが、それで支払ったので、実質費用はかかっていません。

Amazon Echo Dot、つまりAlexaを諦めたのは、彼の日本語対応の酷さがきっかけです。もともと、Kickstarterで入手した、Nature Remoを持っていたのですが、Alexa + IFTTT + Remo を動かそうとすると、”Alexa”が認識できる日本語が少なく、苦労していました。

“エアコンオフ” は認識するが、”エアコン止めて”は認識しないのです。IFTTTで”トリガー”を作るには宝探しのようなトライアンドエラーが必要でした。

Googleアシスタントは、しばらく日本語環境でも鍛えられてきたもの。Google Home mini + IFTTT + Remo の環境はとても楽です。Google アシスタント側のAPIがこなれているのか、一つの動作でも呼び方を複数設定できるのはいいですね。

さて、この冬の流行りものでもあるので、スマートスピーカーと呼ばれるものに手を出してみたという方も多いかもしれませんし、そろそろ飽きた、とか使い道がわからない、なんて人も多いのかもしれません。


自分の中でいちばんのスマートスピーカーは、Home Podだと思っています。それは、Apple Musicが使えるからです。

おそらく、Home Podは、AlexaやGoogleアシスタントほどできることは多くないでしょう。きっと、個人情報に基づくアシスタントは、iPhoneやApple Watchに任せればいい、Appleはそういう風に考えているだろうと思います。また、IFTTTと連携するといったことにもあまり熱心ではないだろうと思います。

それでも、スマートスピーカーはスピーカーなのだろうと思うので、できることは多くなくてもいいのではないかと思っています。

ともあれ、Google Home miniとRemoの連携はとても便利です。HomeKitとRemoが連携してくれないですかね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.