1st anniversary AirPods

AirPodsが“勇気”を持って発売されたのがちょうど1年前、2016年12月13日。発売されて1年が経ちました。

1年経っても、ワイヤードのイヤホンをよく見るし、ワイヤレスを使っていても、右と左がワイヤーで繋がっているのを見ることがほとんど。ヘッドフォンジャックがなくなったiPhoneにわざわざ変換アダプタをつけてイヤホンを挿しているケースもよくみます。右と左が完全に分離しているイヤホンは、まだまだ一般的なものにはなっていないというのが印象としてはあります。

自分は Beats Studio3 / Beats solo3 / AirPods を状況に応じて使い分けているのですが、AirPodsは音楽を聴くためのデバイスではなく、音を聴くためのデバイスだなというのを強く感じます。

簡単に例えると、iPhoneやMacBookのスピーカーをそのまま耳にはめているイメージ。音楽を聴くときは、音楽に意識を集中させるため「周りの音から聴覚を隔離する」ことを行うわけですが、AirPodsは「周りの音にさらに別の音を足す」という感覚に近い。

公共施設など、音を出すと周りの人の迷惑になる場所で、動画をチェックする必要がある時など、音を出す必要がある時などに使う聴覚のためのウェアラブルデバイスだなと。

Apple Watchからでも、iPhoneからでも、iPadからでも、MacBookからでも、耳に装着したままペアリングを変えられるので、よりウェアラブルデバイス感が増している。

だからこそ、Beats solo3を持っていても常に持ち歩きたいし、持ち歩いても邪魔にならないサイズなのがありがたい。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.