CHATMONCHY Tribute

チャットモンチーが活動を停止するタイミングが近づいてしまう。彼女らの活動停止についての心境はこの表現がしっくりくる。

そんな中、チャットモンチートリビュートが発売された。いわゆるカバーアルバムである。

ちなみにオトナの事情かダウンロード販売や、ストリーミングには優しくないようなので、モノを買うのがいいかもです。iTunes Store では全曲揃っていません。


チャットモンチーの曲を下敷きに、それぞれのバンドの持つ世界観が見事に表現されている。かつ、やっぱり曲がしっかりとできていて、参加してるバンドのチャットモンチーへのリスペクトもあるためか、チャットモンチーの曲の魅力も伝わってくる。カバーアルバムを聞くことはそれほど多いわけではないが、このアルバムが素晴らしい作品であることは言える。

チャットモンチーは、あまりメディアに出ることは多くなかったかもしれない。けど、日本の音楽シーンに確実に足跡を残してきたスリーピースバンドであることは間違いない。

普段の活動をチェックできなくても、年末CDJで見るのを楽しみにしていた。(残念ながら活動停止を発表した昨年は登場してくれなかった)

そして、このアルバムは、彼女らの音楽を下敷きにしながら、次世代のバンドにそのバトンを渡すことができる、そんな作品になったのではないかと思う。これを聞いて、気になったバンドがいたら、彼らの、彼女らの、オリジナルアルバムを手にとってほしい。

それが、日本の音楽の縦のつながりになる。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.