Getting Productive with Things 日本語版

Things3のリリースに合わせて、使い方のドキュメントが公開されました。勝手訳しておきます。日本語らしい文章に近づけるために意訳しているところもあります。オリジナルはこちらです。

Thingsは、あなたがやることすべてのためのアプリだ。このアプリを使うことで、あなたの生活を全ての側面(毎日のルーティンから、長期間で成し遂げる目標まで)から整理することができ、次に何をやるべきかを明確に知ることができる。

このガイドには Things とともに生産性を得るための役に立つ秘訣がある。この方法をやってみることで生産性を保つことができるだろう。

さあ始めよう!


Gather it all in one place (全てをひとつの場所にまとめる)

あなたが達成したいことの全てはひとつの場所にまとまっている必要がある。その場所こそ Inbox(受信) だ。

新しい Todo をいつ、どうやって着手するかのプランをまだ持っていないはずだ。大事なことはあなたの注意力からそれらを即座に取り除き、Inbox に入っていることだ。Inbox は後で確認できる。これが反射的にできるようになったとき、あなたはやるべきことに簡単に集中し続けられるようになる。

その中には、着手するのが好きな楽しいこと、興味のあることもあるだろう。あなたの責任を追加するだけであれば、あなたのTodoリストはただの雑用リストになってしまう。

Inbox にある新しい Todo をすべて確認していくことは、あなたをいい気分にさせる簡単で素晴らしい習慣だ。これをやることで、いつそれらに着手するかを決めることができる。

Decide when to get started (いつ始めるかを決める)

一日の中で”完了”をするにはあまりにも多くのことがあるが、それはストレスの理由ではない。この事実を考慮して todo を整理すれば、今重要なことに集中することが簡単になる。

Today(今日) は一日が終わる前に始めたい todo のためのリストだ。ここにあるタスクは優先的に着手する。

Upcoming(明日以降) は将来を計画するためのものです: いつ始めるか、期日をいつにするのか、繰り返しの次はいつなのか、によって整理されたタスクのタイムラインだ。

Anytime(いつでも) は、いつか始めるかもしれない Todoのための場所だ。Today のリストをまとめるときや Upcoming の週の計画をするときに一緒に見ておくといい。

Someday(いつか) は 実行したいと思うけれども、いつやるかは決まっていない todo のための場所だ。ここに追加されたものは定期的にレビューして、実行するかどうかを決めよう。


Do bigger things with projects(プロジェクトと大きなことを成し遂げる)

Inbox に追加されたものを見ると、完了するには複数のステップを必要とするものがよくあるだろう。そうなった時は、 Project(プロジェクト) に変換しよう。

Todoと同じように、いつ着手するかわからないプロジェクトは存在する。近々取り組むことにコミットしないプロジェクトがあれば、それは Someday に入れよう。後で関連があるかどうかを確認するプロジェクトをレビューしたければ、それを Upcoming に入れよう。そうすることで、整理され、関連のあるプロジェクトのリストを維持することができる。

Define yourself with areas(あなた自身をエリアで定義する)

Area(エリア) は進行中の目標をサポートするプロジェクトやTodoの全てをグルーピングするためのものだ。

被っている全ての帽子のためのエリアがある。”家族と友人”エリアを作ることで、気になる人々と連絡を取り続けることができる。”お金”エリアで将来のための貯蓄について考え続ける。”健康”エリアを維持することであなたの身体と精神を気遣うことが促進される。”学校”エリアで忙しい授業のスケジュールを乗り越える。関連するプロジェクトとTodoを確認したい時に、エリアはフォーカスを狭めるのにいい場所だ。

十分なエリアがあれば、あなたにとって大事な生活の観点を助長し、成長させる方法にもなる。いつもそれらをよく確認しよう。時々、長期間の目標を達成するために todo の追加が少し必要になる。

Establish your daily routine(毎日のルーティンを習慣づけよう)

毎日、その日を Todo と迎えることは、取り掛かる順番を決め、大事なことを意識し続けるための最も良い方法だ。コーヒーを手に、一日の少しの時間を過ごそう。それはすぐ終わる。

Today を表示させると、その日のための新しい”こと”が確認できる。すべきことを決め、後にするものは延期する。どのような順番でやるかを視覚化し、Todoはそれにより整理される。

Today リストを整理する少しの時間をとっている時、あなたに起きていることが単なる事象ではなく、意味があるものだと思えるようになる。妨害によって混乱しない。あなたはコントロールの中にいる。そして、気持ちよく過ごすことができる。

A few tips before you go(実行する前にTipsを少し)

素早く Inboxに新しいTodoを入れるようになることで、作業の続きにはやく戻ることができる。Macでは、 Ctrl+Spaceを押すことで他のアプリで作業している間でも新しいタスクを追加することができる。(訳注: Ctrl+Spaceは日本語環境ではSpotlightに割り当てられているので変更しよう)Mac、iPad、iPhoneでは、Things の設定から機能を有効にすることで、Siriに話しかけることでTodoを追加することもできる。時間を節約するためのトリックはこのページで学ぼう。

Tags(タグ) を使うと、Todoをカテゴリーで整理し、(タグによる)関連付けによって短いリストを確認することができる。Thingsのどの画面を表示していても、特定のタグのTodoリストを素早く確認するには、タグ名にで検索するために Quick Find(クイック検索)を使う。タグについてはこのページで学ぼう。

Headings(見出し) を利用して、大きなプロジェクトの中で、関連する todo を小さなグループに分けることができる。複雑なプロジェクトはこの方法を使ってブレイクダウンすることで達成することが楽になる。Heading の詳細はこのページで学ぼう。

カレンダー は Things を補完する: 予定やイベントは全てそこにあるはずだ。Today や Upcoming のTodoとカレンダーの予定を一緒に見ながらスマートに計画しよう。この機能は Things の設定で有効にすることができる。このページでカレンダーとの連携について学ぼう。

You’re ready to achieve your goals(ゴールを達成するための準備はできた)

Things を使って、身の回りを整理し始めると、簡単なTipsとのたくさんの出会いに驚くだろう。毎日の作業が忙しくなったとしても、Things はあなたをカバーし続けます。

もし疑問があれば、答えをサポートポータルで見つけることができるかもしれない。私たちのエキスパートがあなたの疑問に答えることもできる。

最後まで読んでくれてありがとう。


This contents was translated into Japanese. Original page is here written by Cultured Code.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.